De Blog in MITO iPodな日々

水戸で日々アパート・マンション・戸建・駐車場などの管理や修理をしています。しんどいこともありますがiPodで大好きな音楽を聞きながらの修理は、きままで楽しいです。
(有)ファミリートゥリー提供 
マキタ 充電式マルチツールTM40
最近、マキタの充電式マルチツールを購入、今日は、充電式レシプロソーが届きました。反対に丸のこは、コード式を購入。力がありますね。
| youdaichi754 | 買ってしまいました | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
日立ディスクグラインダーG10VE
仕事のアイテムというカテゴリーにも当てはまりますが、まさか3台目のディスクグラインダーを買うことになるとは自分でも驚いています。しかし、その進化した製品は私を迷わず(金額はとりあえずおいておいて)購買の方向へ導いてしまいました。最近のディスクグラインダーが持ちやすく細身になっているのはホームセンターで見かけて知っていました。この日もにわかに立ち寄ったホームセンターでまさか無段変速の付いたディスクグラインダーに出会うとは。日立工機製のグラインダーG10VH、しかし、そう簡単には手を出しません。早速、家に帰ってネットで検索するとすでに、G10VEなる新製品が発売されているではないですか。しかも新製品はブラシレスモーター搭載、デザインも前より垢抜けていて、価格は、ホームセンターの古い型の商品より安い。もうこれは即買決定でした。購入した翌日の朝には届いたので、まずはアパートの玄関扉にダイノックシートを張る前の下地処理にまにあったので早速使用。ステンレス磨きから切断まで、これからいろいろ活躍してくれそうです。
| youdaichi754 | 買ってしまいました | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
よつばと10巻

よつばと!10巻が発売されました。一年ぶりの発売です。
| youdaichi754 | 買ってしまいました | 16:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
よつばと9巻

Amazonに予約していたよつばと9巻(本日発売)が無事届きました。来てしまえばさらっと読んでしまって、はいおしまいということで書棚の隅に置き去りにしてしまうことが多いわけで、待っている間のほうが心がわくわくして良かったなんて思えてきますが、よつばとに関しては何度読み返しても発見があるので買って後悔しないところが良いところです。


| youdaichi754 | 買ってしまいました | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
くまさんの肉まん

先日子供がコンビニエンスストアで買ったくまさんの肉まんの画像です。あんまんじゃなくて肉まんというところが良いです。

| youdaichi754 | 買ってしまいました | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
最近の無駄遣い

オークションはよくも悪くも良く利用します。最近落札した漫画全集は全部で27巻ありますがまさか落札出来るとは思いませんでした。昭和45年頃の本ですからかなりの古本ですがこういうものが手に入るのもオークションの面白いところであります。

| youdaichi754 | 買ってしまいました | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
最後のパレード

最近出た〈最後のパレード〉は、ディズニーランドの感動秘話を集めた涙なくしては読めない本です。ディズニーランドにまた行きたくなるのと、隅々まで観察したくなりました。仕事を仕事と捉えているうちはまだまだなんですね。

| youdaichi754 | 買ってしまいました | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
食堂かたつむり

書店に行く度に気になっていましたがなかなか購入には至らなかったのが〈食堂かたつむり〉でした。理由の第一は同じような名前の〈かもめ食堂〉や、いま思い出せませんがその他にもなになに食堂という題名の本があったような気がします。きっと癒し系の同じような内容ではないかと思っていたこと。第二に、食堂という言葉には少年期に抱いていた憧れと、いとも簡単にそれが滑稽というか哀しいほど貧乏臭いものに思えてしまうようになってしまった現在の食文化に挟まれて、これ以上少年期の自分を卑下したくなかったからかもしれません。
恥ずかしながら、食堂=グリーンピースが私のイメージ。それが今や、グリーンピースすらめったに見かけなくなってしまいました。二十数年前、倉本聡原作の〈ライスカレー〉という、時任三郎、陣内孝則、布施博などが出演したテレビドラマがありましたが、第一話の冒頭で、田中邦衛演じる漁師が前の三人に、ライスカレーとカレーライスの違いを講釈する場面がありますが、そこにもグリーンピースがこだわりとして登場します。そこではもうグリーンピースが存在するだけで笑いのとれるものに変わっていました。すると少なくとも二十数年前、昭和と共に淋しく消えていったのかもしれません。そういう中でもお店のこだわりなのか細々と生き残っているグリーンピースを私は知っていて、今でもグリーンピースに会いたいときはそこへ行くくくらいです。グリーンピースについてはこれくらいにして、〈食堂かたつむり〉ですが、さすがはポプラ社から出ている本です。温かい童話のようなカバーは懐かしい雰囲気です。しかし内容は、いきなり外国人の恋人に逃げられて郷里へ帰るところから、読者を離さない展開で、開業した食堂も大して苦労なしに、熊さんという協力者に恵まれ数々の奇蹟を起こしてゆくという物語ですが、奇蹟といってもそれは一日一日の積み重ねが生みだす密やかなもの、人のためにしてあげたことがやがて良くも悪くも自分にかえってくる。そして命の意味を改めて考えさせられました。昨晩わが家では、豚肉をいただきましたが、エルメスのことを思いながらいただきました。豚や食肉の加工に従事する皆さんに感謝いたします。いつもありがとうございます。


| youdaichi754 | 買ってしまいました | 07:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
吹奏楽課題曲

頼んであった2009年吹奏楽課題曲のCDとスコアが届きました。やはり諏訪雅彦氏の【16世紀のシャンソンによる変奏曲】が気になっていましたが、肩の力の抜けた課題曲らしい良い曲でした。劇的な盛り上がりはありませんがいろいろな変奏を作り上げてから削っていったような余裕が感じられます。時間の制約の中でこじんまりと無難に仕上げたような。やがてロングバージョンが登場したりして。一度通して聴いただけなので無責任なことは言えませんのでその他の曲はこれからちゃんと聴いてみます。
しかし、オークションにまったくそのままのCDを未開封といえ1000円のものを2000円で売っているのをみかけましたがなんだか複雑な気持になりました。私も何度か調査不足で新品で買える本を高く買ってしまったことがあります。誰も責めることはできませんが気をつけましょう。

| youdaichi754 | 買ってしまいました | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
ギター

オークションで、35年来の思いを遂げ、やっとマイギターを手にいれました。メーカーは信濃楽器というところで1960年代から70年代に長野県諏訪市にあった会社で今はもう存在しないみたいです。楽器そのものは、ラベルにナンバー53と書いてあるだけなので詳しいことはわかりませんがよくある量産品だと思います。オークションでは信濃のハンドクラフトのコンサートギターなども見かけますので。当時はギターが流行していたのかもしれません。ギターといえば、子供の頃近所にあった床屋さんのご夫婦は旦那さんの弾くギターが縁で結ばれたという話を思い出しました。最近はギターで結ばれた話はあまり聞かなくなりましたが、ナイスの森という映画では女性にもてたいためにギターを練習する次男を浅野忠信が演じていますがなぜかその弾き語りが【キャプテンハーロック】の主題歌なのが笑えます。ギターの威力もここまでか。そんなことを考えながら今は定番のロマンス、(禁じられた遊びで有名)を練習中。今日からはソルのエチュードに挑戦します。最終目標はバッハのシャコンヌをピアノ、ヴァイオリン、ギターで演奏すること。因みに、
画像はなぜか、学校を休んでいた次男の作ったスポンジボブです。

| youdaichi754 | 買ってしまいました | 06:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ