De Blog in MITO iPodな日々

水戸で日々アパート・マンション・戸建・駐車場などの管理や修理をしています。しんどいこともありますがiPodで大好きな音楽を聞きながらの修理は、きままで楽しいです。
(有)ファミリートゥリー提供 
只今練習中 レイフ・ヴォーンウイリアムズ イギリス民謡による6つの練習曲

原曲はチェロとピアノのためらしいですが、クラリネットやアルトサキソフォーン、ヴァイオリン、ファゴット、オーボエ、イングリッシュホルン、トロンボーン、チューバなどさまざまな楽器で演奏されています。しかもピアノ伴奏ばかりじゃなく、ハープや弦楽による伴奏などもあります。
 私もこの曲の魅力にはまりまして現在練習中です。
| youdaichi754 | お気に入りの音楽 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
つゆのあとさき

さだまさしさんのアルバム風見鶏から【つゆのあとさき】です。 この曲の哀しいほどに透明な清涼感は、そこにとどまっていたいという感情と共にそこを出て行く勇気を与えてくれます。そしていつでも待っていてくれる優しい居場所を。音楽の素晴らしいところは永遠に変わらない居場所を与えてくれるということを思い出させてくれる一曲です。
| youdaichi754 | お気に入りの音楽 | 02:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウォルトン 交響曲第1番
先日、さすがにガソリンが心細くなって自転車にてガソリンスタンドの情報を収集。翌日の午前8時30分から整理券を配布、午後9時より給油開始という従業員さんのお話で、早速その晩の午後8時から車で待機。待っている車は1台のみ。私は2番目。これで13時間待っていればガソリンはわがもの。但し2000円13.3リットルの限定販売。その後が大変でしたが。
そして、今朝また行列に並ぼうとしましたがすでにこれまでにないほどの長蛇の列。これはもう無理ということで帰還しました。週明けに期待します。
ということで、本題 ウォルトンの交響曲第1番ですが、大衆向きではないのでポピュラーな人気は出ないでしょうが好きな人は物凄く好きという類の名曲です。そういう意味では英国人作曲家にはそういう人が多いような気がしてきます。バックス、ティペットなんかもそんな感じ。私のようにサンダーバードで育ったような人間にはウォルトンのサウンドはまさにサンダーバードに通じる音楽なのです。この交響曲とであったのはFM放送がきっかけだったと思います。雑音だらけのラジカセ録音から流れてくるその音楽、その第1楽章のオーボエで奏される第一主題はもうそれだけで魅力十分でした。ヴォーン・ウイリアムズのような英国の田園を思わせるような音楽にも魅かれる私ですが時には何も考えずに刺激的なものに身をゆだねたいときもあるものです。つまらないことを考えるようなときは自分で思考をさえぎり脳に無思考を強要する練習をしています。そういう時はあまり感情移入できない音楽がぴったりです。
| youdaichi754 | お気に入りの音楽 | 08:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
ラプソディ・イン・ブルーその2 

なんという子供たちなのでしょうか。
| youdaichi754 | お気に入りの音楽 | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
ラプソディ・イン・ブルー

のだめで日本中に知れ渡ったガーシュインのラプソディ・イン・ブルーです。ジャズピアニストの小曽根真さんのソロピアノ。
| youdaichi754 | お気に入りの音楽 | 19:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
コープランドとベニーグットマン

なんて贅沢な映像なのでしょうか。
| youdaichi754 | お気に入りの音楽 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
イパネマの娘

お気に入りと言ってもたった先程お気に入りになっただけですが、小野リサさんの歌声はボサノバというものをあっという間に私の中に溢れさせてくれました。また、エロイーザさんも大変魅力的な娘さんでした。やはり美しい女性と音楽誕生は切り離せません。
| youdaichi754 | お気に入りの音楽 | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
帰れないエトランゼ

時々ここで探していたんですが今日やっと聴く事が出来ました。
吉野 千代乃 帰れないエトランゼ なぜか好き
| youdaichi754 | お気に入りの音楽 | 19:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヴォーンウイリアムズのノーフォーク狂詩曲第2番

ノーフォーク・ラプソディーといえば第1番のみ、第2番、第3番は破棄されたと思っておりましたが第2番が聴けるとは。イギリス民謡を盛り込んだこのシリーズ、第1番に勝るとも劣らないRVW節満載というような内容です。最近よく聴くRVWのおもにクラリネットとピアノのための室内楽作品【イギリス民謡による6つの練習曲】にも同じメロディが使われていてうっとりさせられます。
| youdaichi754 | お気に入りの音楽 | 19:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヴォーン・ウイリアムズのロンドン交響曲から第2楽章

まったく懐かしい音楽です。特に第2楽章はクライマックスがかっこよくてたまりません。
| youdaichi754 | お気に入りの音楽 | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

このページの先頭へ