De Blog in MITO iPodな日々

水戸で日々アパート・マンション・戸建・駐車場などの管理や修理をしています。しんどいこともありますがiPodで大好きな音楽を聞きながらの修理は、きままで楽しいです。
(有)ファミリートゥリー提供 
交響曲第一番を擁護する
佐村河内守のゴーストライターが実名で現れましたが、例えれば有名になった息子に実の親が名乗りをあげたということ。そして、デビューのインパクトとして架空の壮絶な過去をくっつけて話題作りをしたということ。かのベートーヴェンの父親も息子をモーツァルトのような天才にしたてあげるべく年齢をごまかして御前演奏をさせたそうですし。息子は金に目がくらんだ親の思惑以上に天才だったということ。息子である交響曲第一番は通常なら、これだけの話題にならなかったと思います。この時代にはっきりした調性をもったスタイルのいわば時代錯誤な音楽(ネオロマン主義ということもできますが)としては、こういう ハッタリのようなデビューでしか登場できなかったかも知れません。しかし、世に出た息子にはもうハッタリも経歴も必要はないのです。まっすぐ歩いてゆけばいいのです。世の中にはふたつの音楽があるだけです。ひとつは良い音楽、もうひとつは悪い音楽です。間違えては困るのが、古めかしい音楽と新しい音楽という分類じゃないということ。私は、この交響曲は人がなんと言おうとよい曲だと思います。古今東西多くの作曲家が交響曲を発表していますが、好みの問題があるとしても最後まで通して聴けるだけでも見事だと思います。この程度の曲なら音楽大学で勉強していたら誰でも書けると新垣さんはおっしゃいましたがなかなか書けないでしょう。新垣さん自身現代音楽の作曲家ですから調性のはっきりした音楽は片手間に作られたということですが過去の名曲にも作曲家の自信作は評価されなかったのに思い入れのない作品が名曲として残ってしまうケースがあったと思います。18万枚売れたのはたしかに佐村河内氏のプロデュースというか、演技にたいしてクラシック音楽などほとんど聞いたことのない人々が衝動買いしたのが原因です。もしかすると、買ってはみたがやはり長すぎるとか、退屈とかで全曲通して聴いた人がどれほどいるのか。ほとんどいないのではないでしょうか。もしかするとベートーヴェンの第5番ですら全曲通して聴いたことなどない人々かもしれません。そういう人がこういう結果になってそれほどの曲じゃないのに、とかいうのを聞くのも腹立たしいです。また、現代音楽の専門家というか、アカデミックな人々はけしてこの類の音楽を認めようとはしない。そういう両極端な人々のなかで、善良な魂を持った音楽家が一番うらぎられたというさびしい事件です。佐村河内氏が現れた時、私は昔自分が抱いていた夢を見事に実現し多くの聴衆の喝さいを浴びるこの男にいろいろな感情(嫉妬?憧れ?尊敬?親愛?)を抱きました。それがまさかこんな茶番劇で終わるとは。そして、新垣さんの佐村河内と正反対のなんともいえない善良というか存在感の薄いキャラクターに言葉を失いました。おそらく交響曲第一番はこの2人の出会いなくしては生まれなかった不思議な交響曲です。最後にタイトルのHIROSHIMAですが、第一楽章で出てくる悲劇的なニ短調の主題を聴くと不思議に原爆投下後のきのこ雲の映像が思い起こされるのですが、私自身もまだ騙されている一人なのでしょうか。
| youdaichi754 | 交響曲 | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
佐村河内守のゴーストライター疑惑
お昼前にテレビを観ていたらニュースで佐村河内守のゴーストライター疑惑が報道されていてびっくりしました。
今や日本で現代音楽として異例の再演が繰り返されている交響曲第一番、そして、高橋大輔がソチオリンピックで滑るバックミュージックに選ばれたソナチネ、東日本大震災の犠牲者に捧げられたピアノソナタ第二番など売れに売れている現代のベートーヴェンが実はゴーストライターの作品だったなんて。しかし、これで作品の価値に何かしらの影響が出るのでしょうか。ゴーストライターも恐るべき才能を持ちながらも表舞台に立てない理由があるのでしょうか。
ふと、以前にインターネットで見かけた某宗教団体教祖の交響曲群のことを思い出してしまいました。
あれもゴーストライターの作品のようなものでしたが以外に作品として成立していたので今回表に出られない理由と関係があったりして。真実はこれからわかってくるでしょうが、佐村河内守本人が前から言っていたように作者の経歴と関係なしに作品そのものを評価して欲しいです。作品として交響曲第一番は素晴らしいものであることは間違いないのだから。



| youdaichi754 | 交響曲 | 14:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
佐村河内守の交響曲第1番全曲を聴いて
音楽には2つしかない。それは良い音楽とそうじゃない音楽だけ。だとすればこの交響曲は間違いなく良い音楽です。けして欠点のない音楽ではないけれどそれが許せる音楽です。それはマーラーの音楽にも言えることなのです。佐村河内氏の今後の作品にも注目ですが、交響曲第1番はすでに作者の手を離れ一人歩きを始めました。世界に注目される音楽になれる可能性を持っていると思いますが、そんなことはこの交響曲にとってはどうでも良いことのような気がします。正直なところ第2楽章はまだすこし理解できません。そんな簡単に理解できないところもこの曲の魅力かもしれませんけれど。今回の録音で、G8の演奏会で省略された小節や楽器の音があったことがわかりその辺も興味深いです。また、指揮者による解釈の違いも面白く感じました。
| youdaichi754 | 交響曲 | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
佐村河内守 交響曲第1番CD届く

予約しておいた佐村河内守 交響曲第1番HIROSHIMAのCDが届きました。早速itunesからipodに入れてゆっくり全曲を聴きたいと思います。とくに第2楽章は未知の世界。第1楽章と第3楽章は何度も聴き込みましたがきっと新たな発見があることでしょう。感想はまた今度。
| youdaichi754 | 交響曲 | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブラガ・サントス 交響曲第4番から第4楽章終曲部分

先日、船に乗れ!の記事にコメントをいただいた木曽のあばら屋さんのホームページに遊びに行きましたら、私の未知の音楽がたくさん紹介されておりました。その中に出ていた、ブラガ・サントスの交響曲第4番の第4楽章の終結部分に繰り返される(蛙の歌)のような旋律にはまりました。青春への賛歌という呼び名が付いておりました。吹奏楽ファンならいちころの名旋律です。全曲すばらしいですが特にここは体の内部にある力(まだあったのか?)が沸いてくるような勝利というか英雄的な部分です。
| youdaichi754 | 交響曲 | 19:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
佐村河内守氏の交響曲第一番の第一楽章までも
Youtubeでとうとう佐村河内守氏の交響曲第一番の第三楽章に続き第一楽章までも登場。しかも初演時の映像付き。幸せすぎてたまりません。
| youdaichi754 | 交響曲 | 19:21 | comments(34) | trackbacks(0) |
シューマン 交響曲第4番
私もなぜかこの曲の第1楽章と第4楽章が特に好きで好きでたまりません。シューマンのピアノ曲もなぜか好きです。もしかするとドイツの街の雰囲気がなんとなく漂っているからかもしれません。
【ニコニコ動画】シューマン 交響曲第4番ニ短調 第1楽章
| youdaichi754 | 交響曲 | 21:36 | comments(1) | trackbacks(0) |
佐村河内守 交響曲第1番から第三楽章
なぜか佐村河内守氏の交響曲第1番から第三楽章の全貌がいつのまにかYOUTUBEに出ている。これって聴いてもいいのかなと思いつつも聴かずにはいられない。すぐ消されるのかもしれないですけで聴かずにはいられない。聴いてみるとブルックナーのような響きの部分が多いですね。しかもひとつの楽章でこんなにおなかいっぱいになれるのも幸せな気分です。終曲部の誰が名づけたか昇天コラールはマーラーのように透き通った美しさに胸を打たれます。テレビで流れた第一楽章の断片も私好みの暗い響きでかなり期待できそうです。
| youdaichi754 | 交響曲 | 12:30 | comments(40) | trackbacks(0) |
團 伊玖磨 交響曲第3番

今日は、とあるマンションの壁紙の張り替えの下準備としまして古い壁紙剥きをしてきました。毎日毎日やることが多くて有難いことです。これでお金が付いてくるともっと有難いことなのですが。さて、昨日の夕方は、久しぶりに團伊玖磨作曲の交響曲第3番が聴きたくなって(最近は第2番が気に入っていますが)リサイクル店でこのあいだから目をつけていたMDデッキを買ってきました。希望価格4500円を3000円に値切って購入。TEAC MD-5Mk兇箸いΔ發里任后F虻遒北簑蠅△蠅泙擦鵑説明書なしリモコン無しで今更のものですから高いとも安いとも言えませんが久しぶりに聴けて満足です。やはり最後の盛り上がりが最高でスカッとします。個人的にはショスタコービチの五番や、新世界と同じくらいかっこいいと思っています。MDのコレクションを弄繰り回していたらチェリビダッケ自作自演の秘密の小箱、ロイド・ウェッバーのレクイエムなど懐かしい曲が見つかったのでどれを聴こうかと大変悩みました。


| youdaichi754 | 交響曲 | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本人作曲家の交響曲
時々 ご紹介させていただいておりますが、今回 自分でも整理してみたくなり、ここに日本人作曲家の交響曲を勝手に私が選び並べてみたいと思います。
作曲年代などは完全無視なのですみません。
【1】矢代秋雄 交響曲
【2】諸井三郎 交響曲第3番(第2番の第1楽章の精密さも好き)
【3】黛 敏郎 涅槃交響曲(曼荼羅交響曲も好き)
【4】團 伊玖磨 交響曲第3番(第2番も好き)
【5】伊福部 昭 シンフォニア・タプカーラ
【6】小倉 朗 交響曲ト調
【7】橋本 國彦 交響曲第1番
【8】吉松 隆 交響曲第4番
【9】原 博 交響曲
大体このあたりがお気に入りなところです。よく知らないものや、残念ながら選外のものもありますが、なかなか日本人も凄いです。因みに、芥川也寸志、松村 禎三、林 光などの作品は今後じっくり聴いてみます。ブログでもふれましたが、佐村河内守氏の交響曲第1番も全曲聴いてから評価したいと思います。
 追伸、やっとモブログの使い方をマスターしましたので、画像、投稿も頻繁にできそうです。
| youdaichi754 | 交響曲 | 21:12 | comments(3) | trackbacks(0) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ