De Blog in MITO iPodな日々

水戸で日々アパート・マンション・戸建・駐車場などの管理や修理をしています。しんどいこともありますがiPodで大好きな音楽を聞きながらの修理は、きままで楽しいです。
(有)ファミリートゥリー提供 
<< 続、高圧洗浄 | main | 交響曲第一番を擁護する >>
佐村河内守のゴーストライター疑惑
お昼前にテレビを観ていたらニュースで佐村河内守のゴーストライター疑惑が報道されていてびっくりしました。
今や日本で現代音楽として異例の再演が繰り返されている交響曲第一番、そして、高橋大輔がソチオリンピックで滑るバックミュージックに選ばれたソナチネ、東日本大震災の犠牲者に捧げられたピアノソナタ第二番など売れに売れている現代のベートーヴェンが実はゴーストライターの作品だったなんて。しかし、これで作品の価値に何かしらの影響が出るのでしょうか。ゴーストライターも恐るべき才能を持ちながらも表舞台に立てない理由があるのでしょうか。
ふと、以前にインターネットで見かけた某宗教団体教祖の交響曲群のことを思い出してしまいました。
あれもゴーストライターの作品のようなものでしたが以外に作品として成立していたので今回表に出られない理由と関係があったりして。真実はこれからわかってくるでしょうが、佐村河内守本人が前から言っていたように作者の経歴と関係なしに作品そのものを評価して欲しいです。作品として交響曲第一番は素晴らしいものであることは間違いないのだから。



| youdaichi754 | 交響曲 | 14:21 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.family-tree.jp/trackback/1640243
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

このページの先頭へ